1月の沖縄県求人ニュースまとめ

平成27年1月に起きた沖縄県の求人に関するニュースをまとめました。

イオンモールライカム合同企業説明会開催

http://job-gear.jp/amrycom/index.htm

4月25日(土)グランドオープン オープニングスタッフ大募集!

との触れ込みで1月に2回開催されました。

次回開催は2月27日!

沖縄の新しい雇用がたくさん生まれますね。

イオンモールのキャパは相当高く、現在94件の求人が公開されています。


沖縄県の求人倍率、初の0.80倍 12月、7カ月連続最高値更新

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238101-storytopic-4.html

労働局の谷直樹局長は「観光産業も好調で、今後も回復傾向が続くとみられる」と分析したそうな。

街を歩くと観光客(特に外国人」が目につきます。

DFSなんかは特に中国語にあふれていて、すごい活気を感じました。

これからも回復して、1倍まで行ってもらいたいものですね。

※ちなみにこれでも日本では最低。

正規雇用へ4本柱 沖縄県と労働局連携

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98349

県と労働局(国)が連携して正社員を増やそうという事業。

4本の柱はこんな感じ。

  1. 正社員求人を7千人分(昨年同期比400人増)以上確保
  2. 正社員就職2100人(同200人増)を実現
  3. 未内定者やフリーターなど若年・新卒者の就職支援を強化
  4. 助成金制度の周知で事業主の取り組みを促進

正社員を謳いながらも時給制だったりする沖縄県。

まずは正社員雇用とは何か、契約社員とはなにかをしっかり区別することのほうが先なのでは・・・と思ってしまいます。

県内コールセンターで従業員を解雇!

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98150

宜野湾市にあるコールセンターで働く従業員33人が、1月20日付で全員解雇すると通知された。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238093-storytopic-3.html

同社の労働組合の代表らは29日、県に対し従業員の再就職支援や労働者を使い捨てにする「ブラック企業」への対策強化を求めた。県は雇用政策、労働政策、情報産業振興の3課が対応し、従業員の雇用確保を支援する考えを示した。

まだまだ甘い県内進出企業の見通し

他県に比べれば圧倒的に低い求人倍率。

それを見越して沖縄県に進出する企業は多いが、実際雇用をしようとすれば、それでもなかなか集まらないのが現実です。

より高いPR戦略がなければ今の沖縄で1からスタートさせるのは中々困難な状態。

求職者と話をしていて感じるのは、仕事を探しているけど、それほど深刻に考えていない(なんくるないさ~)人が多い。

求職者だけど働かないという人が多いのが沖縄の現状。

そこをどう判断し、沖縄進出後の雇用につなげるかが今後の課題。

一般社団法人ファンプラス

一般社団法人ファンプラスは平日の夕方、休日をメインで活動、運営を行うボランティア(奉仕)型の非営利企業です。

主に沖縄と沖縄の企業・個人をつなぐ架け橋としての「ビジネスマッチング事業」、沖縄県内・県外における公共性の高いボランティア活動の運営支援・ボランティアスタッフを行う「ボランティア事業」、そして数々の人材採用、雇用に関する業務の経験から沖縄の中小企業をメインとした採用支援を行う「採用コンサルティング事業」の3つを柱とし、そしてすべて無料で沖縄の地域活性化を応援しております。

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-6-3

TEL:050-5359-2142

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です