平成26年8月付け沖縄県有効求人倍率

沖縄労働局は平成26年7月の有効求人倍率を0.71倍と発表した。

前月より0.03ポイント改善し、本土復帰以降の最高値となった。

有効求人倍率とは

有効求人数を有効求職者数で除した率。


この数値が1より大きいか小さいかで、労働市場の需要超過、供給超過の状態を知ることができる。

各月の新規求人・求職数を用いた新規求人倍率もよく使われる。

ただし統計対象は公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られ、新規学卒者に関する求人・求職は含まれない。


1.08倍とは、仕事を探す人100人に対して108人分の仕事がある状態。1を下回れば、「仕事不足」を意味する。

最も低かったのは2011年5月の0・25倍

100人の求職者につき、25件の仕事しかない状況であった。

今回は100人の求職者につき、71件の仕事がある事になるが、

ハローワークに求職登録をしていない者、ハローワークに求人を出さない企業があるため、正確な数値ではない。

沖縄労働局 有効求人倍率直リンク(PDF)

沖縄タイムス 有効求人倍率に関する記事

一般社団法人ファンプラス

一般社団法人ファンプラスは平日の夕方、休日をメインで活動、運営を行うボランティア(奉仕)型の非営利企業です。

主に沖縄と沖縄の企業・個人をつなぐ架け橋としての「ビジネスマッチング事業」、沖縄県内・県外における公共性の高いボランティア活動の運営支援・ボランティアスタッフを行う「ボランティア事業」、そして数々の人材採用、雇用に関する業務の経験から沖縄の中小企業をメインとした採用支援を行う「採用コンサルティング事業」の3つを柱とし、そしてすべて無料で沖縄の地域活性化を応援しております。

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-6-3

TEL:050-5359-2142

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です