平成26年8月付け沖縄県有効求人倍率

沖縄労働局は平成26年7月の有効求人倍率を0.71倍と発表した。

前月より0.03ポイント改善し、本土復帰以降の最高値となった。

有効求人倍率とは

有効求人数を有効求職者数で除した率。


この数値が1より大きいか小さいかで、労働市場の需要超過、供給超過の状態を知ることができる。

各月の新規求人・求職数を用いた新規求人倍率もよく使われる。

ただし統計対象は公共職業安定所(ハローワーク)を通じた求人・求職に限られ、新規学卒者に関する求人・求職は含まれない。


1.08倍とは、仕事を探す人100人に対して108人分の仕事がある状態。1を下回れば、「仕事不足」を意味する。

最も低かったのは2011年5月の0・25倍

100人の求職者につき、25件の仕事しかない状況であった。

今回は100人の求職者につき、71件の仕事がある事になるが、

ハローワークに求職登録をしていない者、ハローワークに求人を出さない企業があるため、正確な数値ではない。

沖縄労働局 有効求人倍率直リンク(PDF)

沖縄タイムス 有効求人倍率に関する記事

一般社団法人ファンプラス

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-6-3

TEL:050-5359-2142

メモ: * は入力必須項目です