沖縄タイムスさんの社説から「[雇用の質悪化]労働条件の改善を図れ」

以前に八重山毎日新聞さんの記事を引用したけど、全く同じなので引用はなしで。

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=79620

タイムスさんの社説では、「県の責任」について色濃く出している感じがしますね。

 

 

ポイントは、「量の確保を優先するあまり、質の課題を後回しにしてきたのだ。」

これは間違っているとはいえませんが、正直な話、景気、需要が高まり、雇用の量が増えれば、質は必然的に高まります。

 

ここで量ではなく、質へ転換すれば、また量が減ることになります。

※企業は人が雇える最低限の金額で攻めます。

 

量が減れば、仕事を探す人に溢れ、「安くてもいいから働きたい」

 

そんな人が増えてきます。

 

これが最大のポイントです。仕事を探す人が増えれば、企業は高い給与を出す必要なく、人を雇うことが出来るのです。

国や県が例えば雇用条件を上げ、最低賃金を大幅に上げれば、もちろん中小企業には大打撃です。

倒産も増えるでしょう。

 

そこで国や県主導ではあくまで企業誘致、インフラに徹し雇用の量を増やしてもらうことで、

人手不足(通常業務が回せないわけではなく、事業拡大のための増員)により、雇用確保のため、

人件費にウエイトを置いていくようになるのです。

 

それこそが最大の「質」改善になります。

 

 

求職者の皆さん、求人がいっぱいあるのに、劣悪な環境の企業に就職しますか?

それこそが答えなのです。

 

 

一般社団法人ファンプラス

一般社団法人ファンプラスは平日の夕方、休日をメインで活動、運営を行うボランティア(奉仕)型の非営利企業です。

主に沖縄と沖縄の企業・個人をつなぐ架け橋としての「ビジネスマッチング事業」、沖縄県内・県外における公共性の高いボランティア活動の運営支援・ボランティアスタッフを行う「ボランティア事業」、そして数々の人材採用、雇用に関する業務の経験から沖縄の中小企業をメインとした採用支援を行う「採用コンサルティング事業」の3つを柱とし、そしてすべて無料で沖縄の地域活性化を応援しております。

〒900-0033 沖縄県那覇市久米2-6-3

TEL:050-5359-2142

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です